The workers are goin’ home

SEのブログです

水曜日

M-1グランプリの準決勝を配信で購入し、観る。

仕事を横目にだったので、一部流しながらだったけど、キュウとウエストランドがちゃんとウケていた。それを確認できただけでもよかった。

金属バットがネット人気が高いというのは意外だった。でも実質一番手で、ちょっと大変そうだった。

あとかもめんたるが、ひねっているけど普通に面白いネタを演っていた。

タイタン2組とも通ったら面白いけど、業界のパワーバランス的に難しいかなぁ。

 

日曜日

有楽町よみうりホールで、ナイツ独演会、千秋楽。

前列の良席。

ゲストは歌ネタコーナーのほしのディスコとニッチェ近藤。

大物ゲスト出るかと思っていたが、映像ネタ(爆笑)と、漫才(多分入れ替わりでやっていたのを両方演った)。

4日前に観たばかりなのに、また大笑い。

まぁやっぱり、圧倒的に上手いし面白いよね。。。

f:id:uniuo:20221127194847j:image

f:id:uniuo:20221127194855j:image

 

 

土曜日

昨日の夜に、そういや土曜予定無いし、演芸か映画でも、と探す。国立演芸場の「花形演芸会」に目がとまる。

とはいえ伯山先生出ているし、チケットないよね、と念のため確認したら、キャンセルが出たのか、1枚あった。

というわけで、永田町に向かう。

永田町といえばなんといってもC&Cカレー、、、だったのだが、土日は店休日になってしまった。

空いていた駅ナカで少しお腹を満たす。

で、国立演芸場

まぁ土曜の昼に他に何もない永田町に来る客なんて、ガチなわけで、演者も客も、ガチ。独特の緊張感。

そんな中で、「南部坂雪の別れ」神田伯山。これがとんでもない精度で、震える。

今年観た伯山先生の中でも最高レベル。

で、ロケット団も絶好調。トリは上方の喬介さんか、と待っていたら、瀧川鯉橋さんが出てくる。なんと、喬介さんは体調不良で、急遽代演とのこと。

腕のある人が「時そば」演ると、ちゃんとトリのような噺になるのね。

とても良かった。

これで2100円。

最高という他ない。

-----

落語「雛鍔」三遊亭兼太郎
落語「転宅」春風亭 柳雀
曲芸 鏡味仙成
講談「南部坂雪の別れ」神田伯山
 - 仲入り -
落語「磯の鮑」三遊亭志う歌
漫才ーゲストー ロケット団
上方落語「算段の平兵衛」笑福亭 喬介………代演「時そば」瀧川鯉橋

 

f:id:uniuo:20221126201627j:image

f:id:uniuo:20221126201635j:image

木曜日

案件が無事に年内にクローズできるのか。雲行きが一層怪しくなってきた。

金曜日は顧客との会議なのだが、最近毎週金曜日に一緒に案件対応しているSESで来ているメンバーが交互に休む。

もちろん、休暇は自由にとっていいのだけど、さすがにあんたら金もらっていて週1の会議すら出ないって、当事者意識どうなってんのかと思う(表現抑えめにしとく)。